東京都立国立高等学校同窓会

  ここは東京都立国立高等学校同窓会公式webページです。

    母校はこちら  →  東京都立国立高等学校公式webページ    同窓会ツイッター→ http://www.twitter.com/kunikou_obog/
    関西たちばな会→ https://www.kansaitachibana.com/

国高OB展示会等New!!





 

同窓会のwebページ公開
について
 東京都立国立高等学校(旧
都立国立中学校)の同窓生の
親睦を深めるための情報交換
の場とするばかりでなく、母
校の発展を祈って、国高生お
よび国高に関心を持つ方々に
も読んでもらえるページを目
指します。 2002.9.9

 

会員専用ページへのパ
スワードについて
 ユーザーID、パスワードは会
報「たちばな」に同封の振込票
のミミの部分に記載されていま
す。


新たな自分の発見

New!!  講演会のお知らせ

2019日本冒険フォーラム
「新たの自分の発見」  〜植村直己の精神をつなぐ〜

   基調講演として「人類を進化させた冒険の精神」と題して山極寿一氏(昭和45年卒:京大総長)が出演されるとともに、 「挑戦し続けるこころ」と題してパネルディスカッションにも出演されます。

  • 日 時  2019年11月17日(日) 13:30〜16:55   
  • 会 場  明治大学 駿河台キャンパス(お茶の水)内、アカデミーホール
  • 参加費  無料(フォーラム参加には入場整理券が必要)
  • 申し込み 豊岡市植村直己冒険館 
                   〒669-5391 兵庫県豊岡市日高町伊府785
                  電話  0796-44-1515  /FAX  0796-44-1514
                   Eメール boukenkan@city.toyooka.lg.jp
  • 申込方法 @電話AFAXBはがきCE−mailD植村直己冒険館窓口
           のいずれかで、お名前、 ご住所、ご連絡先、参加人数をご
                   連絡く ださい。

 

(2019.11.05掲載) 


声楽コンサート和出野さんコンサート

New!! ヴォーチェ・アプリート第二十五回 声楽コンサートのご案内

昭和39年卒の和出野さん主宰の楽しいコンサートです

  • 日時  2019年11月30日(土曜日)
            P.M 1:30 開 場  P.M 2:00 開  演
  • 会場  三鷹市芸術文化センター風のホール(JR三鷹駅南口下車徒歩15分)
  • 演 奏 曲 目
    第一ステージ ピアノとフルートで歌う日本の歌
    青葉の笛 雨降りお月さん 行く春 音楽 カチューシャの歌 霧と話した
    くちなし 丹沢 初恋 浜辺の歌 昼の 夢その他
    第二ステージ 弦楽合奏で歌う世界の名歌
    ああ私にはわかる全ては消え 哀れみ給え我が神よ ウイーン我が夢の街美しき絵姿 君は我が心の全て 口づけ
    さようなら故郷の家よ ママも知るとおり 星も光りぬ 私のお父様 私は鳥刺し 我らが胸に友情を その他
  • 構成・演出   和出野 充洪
  • 入場料 無料
      ご友人をお誘い合わせの上ご来場ください
    *なお花束 お菓子 ご祝儀等のお気遣いは堅くご辞退させていただきます
  • お 問 合 せ  042−464−0493(ワデノ)
  • アクセス
    三鷹市芸術文化センター風のホール
    三鷹市上連雀6−12−14 TEL 0422−47−5122
    JR三鷹駅南口2番バスのりばから3つ目「八幡前・芸術文化センター」下車すぐ
    または6・7番のりばから「八幡前」下車1分

(2019.11.11 掲載)


世界で求められる人材とは

New!!  講演会のお知らせ

ダイバーシティセミナーシリーズ特別講演会
「世界で求められる人材とは」 

   グローバル社会で活躍するとはどういうことでしょうか?何が必要になるのでしょうか?講師の伊藤由佳理氏(昭和62年卒)は、学生時代から自分自身の価値観を大切にしながら、研究と教育のキャリアを築いてこられました。また複数の在外研究や出産・育児を経て、本や執筆や女性研究者支援、次世代育成など組織の意識啓発など、幅広く活動されています。 今回はご自身のご経験も含め、次世代の研究者へのメッセージに加え、多様性を受け入れる組織づくりについてもお話いただきます。

  • 日 時  2019年12月10日(火) 15:00〜16:10   
  • 会 場  横浜国立大学 中央図書館(S3−6)メディアホール
  • 定 員  80名 入場無料
  • 申 込  http://bit.ly/2pspjB2 にアクセスし、オンラインフォームより
                12月3日(火)までにお申し込みください。

 

(2019.11.12掲載) 


渋沢栄一 人生とお金の教室

New!!  著書紹介

      渋 沢 栄 一 人生とお金の教室

 その事業は、国家社会の利益になるか?

   ドラッカーも絶賛する実業家・渋沢栄一の生きた時代にタイムスリップした16歳の高校生が現代に戻って 「令和の渋沢」になる物語。夢をつかんだ少年のドラマに、『論語と算盤』など渋沢流マネジメント哲学のエッセンスを凝縮。新1万円札の肖像になる渋沢栄一の 魅力のすべてがわかる一冊である。  著者は、数多くのドラマを手がけてきた香取 俊介氏と、田中 渉氏との共著である。各章末には渋沢流マネジメントの 要諦を記した「シブ・ノート」を付けポイントを整理、渋沢との対話を通じて「志とは何か」「働くとはどういうことなのか」「起業とは、経営とは何か」を感じ、 学ぶことのできる、ドラマチックな展開の中に笑いあり、涙ありの物語である。

 

(2019.11.02掲載) 


山中静夫氏の尊厳死

New!!  映画の紹介

      「山中静夫氏の尊厳死」

 わたしには、やっておきたいことがあるのです。

<ストーリー>
中村梅雀、津田寛治ダブル主演
信州の自然を舞台に、人間が死んでいくことの意味、 最後まで生きぬくことの意味を描く

「私は肺癌なのです。」患者の名前は山中静夫(中村梅雀)。自宅がある静岡の病院からの紹介で、医師である今井(津田寛治) のいる信州の病院にやって来たのだ。紹介されてきた資料によれば、山中は腰の骨と肝臓に転移のある肺癌で、明らかに末期の状態だった。付き添う家族の 負担を考え、今井は山中に今まで通り静岡の病院での治療をすすめるのだが、「どうせ死ぬんだったら生まれ育った信州の山を見ながら楽に死にたいと・・・」 それが余命を宣告された山中の最期の願いだった――

原作は「ダイヤモンドダスト」「阿弥陀堂だより」などで知られ、現役の医師でもある南木佳士(なぎけいし)の「山中静夫氏の尊厳死」。 監督・脚本は『しあわせになろうね』『育子からの手紙』などの村橋明郎。主題歌を自身癌闘病の経験もある小椋佳が書きおろした。限られた 人生をどう生きどう死ぬかを、未来への希望とともに描く感動の映画が完成し、撮影地長野県佐久市での先行上映が決定した。  
2019年9月21日(土) より長野県(佐久アムシネマ)先行上映          2020年 シネスイッチ銀座ほか、全国順次公開予定

<作品詳細>
監督・脚本:村橋明郎 出演:中村梅雀、津田寛治、高畑淳子、田中美里、浅田美代子
原   作      :南木佳士「山中静夫氏の尊厳死」(文春文庫刊)
主題歌     :小椋佳「老いの願い」  

  • 原 作 者 : 南木佳士 (昭和45年卒)    
  • 配給・宣伝: マジックアワー、スーパービジョン

(2019.10.08掲載) 


AIに負けない

New!!  著書紹介

      「AIに負けない子どもを育てる」

 AIに仕事を奪われない!読解力アップの実践法

 AIが苦手とする読解力を人間が身につけるにはどうしたらいいのか?読解力向上
のために親、学校、個人ができることを提言。小学校・中学校で実際に行われて成
果をあげている授業・取組みを公開!大人が読解力を身につける方法も明らかに
する。
第1章 AIの限界と「教科書が読めない子どもたち」/第2章 「読める」とはなんだ
ろう/ 第3章 リーディングスキルテスト、体験!/第4章 リーディングスキルテスト
の構成/第5章 タイプ別分析/第6章 リーディングスキルテストでわかること/
第7章 リーディングスキルは上げられるのか?/第8章 読解力を培う授業を提案
する/第9章 意味がわかって読む子どもに育てるために/第10章 大人の読解
力は上がらないのか?

 

  • 著 者  新井 紀子 (昭和56年卒)    
  • 出版社  東洋経済新報社  https://toyokeizai.net/    03-5605-7021

(2019.09.24掲載) 


残業ゼロ

New!!  著書紹介

      「残業ゼロの仕事のルール」

 どんな先生でもできる、最強の働き方改革!!
         残業をしなくても成果が上がる!

 学級担任をしながら大学院に通い、教科書編集委員やラクロスの
コーチまで務める著者。それなのに、毎日残業はせずに17時に帰っ
て、自分の学級は安定しているという。いったいなぜ?働き方の考え
方を変えるルールや仕事への取り組み方のルールなど、その秘密
を公開。
1章 時間を生み出す「考え方」を変えるルール(何時に帰ると決める/
成功体験→ 達成感→習慣のサイクルをつくる/ スケジュール管理は
ゲームだと考える ほか)/ 2章  時間を生み出す「行動」を変えるル
ール(授業 丸つけは、授業時間内に教室で行う/ 授業  子どもが自
分で学べる環境をつくる/ 授業 ノートは毎日チェックする ほか)/ 3
章 時 間を生み出す「逆転発想」のルール(職員のためにやれること
を探す/ 一日一善を記録する/ まずは寝る ほか)

 

(2019.09.17掲載)


ゴリラに学ぶ

New!!  著書紹介

      「ゴリラに学ぶ男らしさ」

 自尊心をもてあまし、孤立する男たち。
その葛藤は何に由来するのか?

 縦社会のくびきから脱せずに、尊大な自尊心をもてあます男たち。
傷つくことを恐れて常識や因習から解放されない彼らは、これからど
こへ向かうのか?ゴリラ研究で世界をリードする京大総長が、進化学
の観点から、男の身体や心に刻印されるオスの特徴を読み解く。    
霊長類の軌跡をたどることで、息苦しさを感じている現代人のココロ
を揺さぶり、男と女の幸福な結びつきを考える希望の書。               

 

  • 著 者  山極寿一 (昭和45年卒)    
  • 出版社  筑摩書房  http://www.chikumashobo.co.jp/

(2019.09.13掲載)


なないろペダル 著書紹介

New!! 「なないろペダル

       世界の果てまで自転車で

 どうせなら思いっきり遠く、誰も知らないところへ。
 30歳を目前に、わたしは焦っていた。周りの友人は次々と結婚、出産し、家庭を築いていく。片やわたしは彼氏もなく、仕事に追われ、人間関係にも行き詰まり、お先真っ暗。同時に、そんな風に世間体や常識に囚われている自分が嫌だった。いっそ、何もかもから逃げ出したかった。 もっと広い世界を見たい。多様な文化や暮らしに触れたい。 昔からずっと行ってみたかった南米大陸。マチュピチュ、ウユニ、パタゴニア。幼少期に住んでいたアメリカの友人にも会いたい。先住民の人たちの文化や知恵、自然に寄り添った暮らし、北米や南米のあちこちにあるパーマカルチャー・コミュニティやオーガニックファームも訪ねてみたい。 行きたいところ、会いたい人をつなげていくと、おぼろげな「線」が見えてきた。 ふと、学生の時の自転車旅を思い出した。点ではない、線の旅。あんな風にもう一度、その土地の暮らしを肌で感じたい。 そう思って旅に出ることを決めた。はずなのに……「ああ、なんてことを始めてしまったんだろう……」 
 出発3日前、不安の波に押しつぶされそうになりながら、ベッドの上で頭を抱えた。 もし強盗に襲われたら? 何もないところで自転車が壊れたら……?  ああ、わたしちゃんと生きて帰ってこられるかな……?  考えれば考えるほど、そして日を追うごとに不安は雪だるま式に大きく膨れ上がっていく。   さあ、どうなる? わたしの旅?

  • 著 者  青木麻耶 (平成17年卒)    
  • 出版社  出版舎ジグ  https://jig-jig.com/    Email: rentoto1229@gmail.com

(2019.09.10掲載)


[大学通りの桜] 平成26年(2014年) 4月1日撮影


[過去のトピックス]


[校歌]

ここをクリック(新バージョン2018年10月版)

 


都立国立高等学校同窓会ホームページ運営委員会  
Copyright (c) 2002-2019 Kunitachi High School Alumni Association. All rights reserved.
Last modified: Mon 11 Nov 15:21 JST 2019