東京都立国立高等学校同窓会

  ここは東京都立国立高等学校同窓会公式webページです。

    母校はこちら  →  東京都立国立高等学校公式webページ    同窓会ツイッター→ http://www.twitter.com/kunikou_obog/
    関西たちばな会→ https://www.kansaitachibana.com/

国高OB展示会等New!!





 

同窓会のwebページ公開
について
 東京都立国立高等学校(旧
都立国立中学校)の同窓生の
親睦を深めるための情報交換
の場とするばかりでなく、母
校の発展を祈って、国高生お
よび国高に関心を持つ方々に
も読んでもらえるページを目
指します。 2002.9.9

 

会員専用ページへのパ
スワードについて
 ユーザーID、パスワードは会
報「たちばな」に同封の振込票
のミミの部分に記載されていま
す。


残業ゼロ

New!!  著書紹介

      「残業ゼロの仕事のルール」

 どんな先生でもできる、最強の働き方改革!!
         残業をしなくても成果が上がる!

 学級担任をしながら大学院に通い、教科書編集委員やラクロスの
コーチまで務める著者。それなのに、毎日残業はせずに17時に帰っ
て、自分の学級は安定しているという。いったいなぜ?働き方の考え
方を変えるルールや仕事への取り組み方のルールなど、その秘密
を公開。
1章 時間を生み出す「考え方」を変えるルール(何時に帰ると決める/
成功体験→ 達成感→習慣のサイクルをつくる/ スケジュール管理は
ゲームだと考える ほか)/ 2章  時間を生み出す「行動」を変えるル
ール(授業 丸つけは、授業時間内に教室で行う/ 授業  子どもが自
分で学べる環境をつくる/ 授業 ノートは毎日チェックする ほか)/ 3
章 時 間を生み出す「逆転発想」のルール(職員のためにやれること
を探す/ 一日一善を記録する/ まずは寝る ほか)

 

(2019.09.17掲載)


ゴリラに学ぶ

New!!  著書紹介

      「ゴリラに学ぶ男らしさ」

 自尊心をもてあまし、孤立する男たち。
その葛藤は何に由来するのか?

 縦社会のくびきから脱せずに、尊大な自尊心をもてあます男たち。
傷つくことを恐れて常識や因習から解放されない彼らは、これからど
こへ向かうのか?ゴリラ研究で世界をリードする京大総長が、進化学
の観点から、男の身体や心に刻印されるオスの特徴を読み解く。    
霊長類の軌跡をたどることで、息苦しさを感じている現代人のココロ
を揺さぶり、男と女の幸福な結びつきを考える希望の書。               

 

  • 著 者  山極寿一 (昭和45年卒)    
  • 出版社  筑摩書房  http://www.chikumashobo.co.jp/

(2019.09.13掲載)


なないろペダル 著書紹介

New!! 「なないろペダル

       世界の果てまで自転車で

 どうせなら思いっきり遠く、誰も知らないところへ。
 30歳を目前に、わたしは焦っていた。周りの友人は次々と結婚、出産し、家庭を築いていく。片やわたしは彼氏もなく、仕事に追われ、人間関係にも行き詰まり、お先真っ暗。同時に、そんな風に世間体や常識に囚われている自分が嫌だった。いっそ、何もかもから逃げ出したかった。 もっと広い世界を見たい。多様な文化や暮らしに触れたい。 昔からずっと行ってみたかった南米大陸。マチュピチュ、ウユニ、パタゴニア。幼少期に住んでいたアメリカの友人にも会いたい。先住民の人たちの文化や知恵、自然に寄り添った暮らし、北米や南米のあちこちにあるパーマカルチャー・コミュニティやオーガニックファームも訪ねてみたい。 行きたいところ、会いたい人をつなげていくと、おぼろげな「線」が見えてきた。 ふと、学生の時の自転車旅を思い出した。点ではない、線の旅。あんな風にもう一度、その土地の暮らしを肌で感じたい。 そう思って旅に出ることを決めた。はずなのに……「ああ、なんてことを始めてしまったんだろう……」 
 出発3日前、不安の波に押しつぶされそうになりながら、ベッドの上で頭を抱えた。 もし強盗に襲われたら? 何もないところで自転車が壊れたら……?  ああ、わたしちゃんと生きて帰ってこられるかな……?  考えれば考えるほど、そして日を追うごとに不安は雪だるま式に大きく膨れ上がっていく。   さあ、どうなる? わたしの旅?

  • 著 者  青木麻耶 (平成17年卒)    
  • 出版社  出版舎ジグ  https://jig-jig.com/    Email: rentoto1229@gmail.com

(2019.09.10掲載)


New!!あおきかんじ風景写真展 写真展の案内

 あおきかんじ 「風景写真展

青木渙二氏(昭和35年卒)からのご案内です。

   「 心の若さを共に紡ぐため、風景写真展を開催します。初めて、アメリカ、
カナダ、スイス、ニュージーンランドの山や森や湖を訪れ、目に心がとらえた
美しい自然風景です。 ご多忙とは存じますが、散歩がてらにご来場いただき
まして、アマチュアの写真をご覧いただければ幸いです。」

★日 時   9月27日(金) 28日(土) 29日(日) 
                              10時〜16時(29日は15時)
★会 場   国営昭和記念公園 花みどり文化センター ギャラリー2
★会場住所 立川市緑町3137 042−526−8787
あおきかんじ地図

★アクセス  JR中央線「立川駅」北口 デッキを経て、徒歩10分
         多摩モノレール「立川北駅」デッキを経て、徒歩8分
         国営昭和記念公園「あけぼの口」→花みどり文化センターへ

 


       

(2019.09.03掲載)


New!!演劇のご案内

        若い卒業生が多く参加する演劇公演が行われます

   会報「たちばな第78号」にて紹介した2017年〜2019年卒の若い卒業生が中心となって
立ち上げた新組織“
tatazumi”が、次の日程で演劇公演を行ないますのでご鑑賞ください。

1.  日時 : 2019年9月20日(金)〜22日(日)

2.  場所 :  「scool」、三鷹駅南口徒歩約5分

(三鷹市下連雀3-33-6 三京ユニオンビル5F、1階おもちゃ屋)

3. 題名 : 『明けない夜があったとして』 (脚本・演出:大内郁=2017年卒)

 

ただいま予約受付中ですので、詳しくは下記のURLをご覧いただき、ぜひお越しください。

https://tatazumi.net/akenai/

(2019.09.03掲載)


 

[大学通りの桜] 平成26年(2014年) 4月1日撮影


[過去のトピックス]


[校歌]

ここをクリック(新バージョン2018年10月版)

 


都立国立高等学校同窓会ホームページ運営委員会  
Copyright (c) 2002-2019 Kunitachi High School Alumni Association. All rights reserved.
Last modified: Tue 30 Jul 8:10 JST 2019