東京都立国立高等学校同窓会

  ここは東京都立国立高等学校同窓会公式webページです。

    母校はこちら  →  東京都立国立高等学校公式webページ    同窓会ツイッター→ http://www.twitter.com/kunikou_obog/
    関西たちばな会→ https://www.kansaitachibana.com/

国高OB展示会等





 

同窓会のwebページ公開
について
 東京都立国立高等学校(旧
都立国立中学校)の同窓生の
親睦を深めるための情報交換
の場とするばかりでなく、母
校の発展を祈って、国高生お
よび国高に関心を持つ方々に
も読んでもらえるページを目
指します。 2002.9.9

 

会員専用ページへのパ
スワードについて
 ユーザーID、パスワードは会
報「たちばな」に同封の振込票
のミミの部分に記載されていま
す。


世界で求められる人材とは

New!!  講演会のお知らせ

ダイバーシティセミナーシリーズ特別講演会
「世界で求められる人材とは」 

   グローバル社会で活躍するとはどういうことでしょうか?何が必要になるのでしょうか?講師の伊藤由佳理氏(昭和62年卒)は、学生時代から自分自身の価値観を大切にしながら、研究と教育のキャリアを築いてこられました。また複数の在外研究や出産・育児を経て、本や執筆や女性研究者支援、次世代育成など組織の意識啓発など、幅広く活動されています。 今回はご自身のご経験も含め、次世代の研究者へのメッセージに加え、多様性を受け入れる組織づくりについてもお話いただきます。

  • 日 時  2019年12月10日(火) 15:00〜16:10   
  • 会 場  横浜国立大学 中央図書館(S3−6)メディアホール
  • 定 員  80名 入場無料
  • 申 込  http://bit.ly/2pspjB2 にアクセスし、オンラインフォームより
                12月3日(火)までにお申し込みください。

 

(2019.11.12掲載) 


ナウシカ

New!!  著書紹介

        「ナウシカ考

     風の谷の黙示録

   一九八二年から雑誌『アニメージュ』に連載され,映画版の制作を挟み九四年に完結した宮崎駿の長編マンガ,『風の谷のナウシカ』.この作品の可能性の種子は,時代の喘ぎのなか,いま,芽生えと育ちの季節を迎えようとしているのかもしれない――.多くの人に愛読されてきたこのマンガを,二十余年の考察のもと,一篇の思想の書として徹底的に読み解く.

 

  • 著 者  赤坂憲雄 (大学教授:昭和47年卒)    
  • 出版社  岩波書店
                〒101-8002 東京都千代田区一ツ橋2−5−5
          03-5210-4000   https://www.iwanami.co.jp

(2019.11.28掲載) 


血圧が下がる

New!!  著書紹介

  抹消血管を鍛えると、
      「血圧がみるみる下がる!

 人気医師が教える最強の「降圧メッソド」

  「末梢血管」とは手や足など末梢にまで血液を届ける動脈の末端部分のこと。この末梢血管が「血圧を左右する重要なカギ」なのです。私が本書でご紹介する「末梢血管を開いて血圧を下げる」コツは、日常生活に無理なく取り入れることができて、そして、なんといっても楽しくできて、効果が高いのが最大の特徴です。どうか気軽な気持ちで、本書に書いてあることをひとつでもふたつでも、できることから取り入れてみてください。 ――池谷敏郎  

 

  • 著 者  池谷敏郎 (医師:昭和56年卒)    
  • 出版社  三笠書房 営業部
                〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3丁目3ー1
          03-5226-5734

(2019.11.22掲載) 


渋沢栄一 人生とお金の教室

New!!  著書紹介

      渋 沢 栄 一 人生とお金の教室

 その事業は、国家社会の利益になるか?

   ドラッカーも絶賛する実業家・渋沢栄一の生きた時代にタイムスリップした16歳の高校生が現代に戻って 「令和の渋沢」になる物語。夢をつかんだ少年のドラマに、『論語と算盤』など渋沢流マネジメント哲学のエッセンスを凝縮。新1万円札の肖像になる渋沢栄一の 魅力のすべてがわかる一冊である。  著者は、数多くのドラマを手がけてきた香取 俊介氏と、田中 渉氏との共著である。各章末には渋沢流マネジメントの 要諦を記した「シブ・ノート」を付けポイントを整理、渋沢との対話を通じて「志とは何か」「働くとはどういうことなのか」「起業とは、経営とは何か」を感じ、 学ぶことのできる、ドラマチックな展開の中に笑いあり、涙ありの物語である。

 

(2019.11.02掲載) 


山中静夫氏の尊厳死

 映画の紹介

      「山中静夫氏の尊厳死」

 わたしには、やっておきたいことがあるのです。

<ストーリー>
中村梅雀、津田寛治ダブル主演
信州の自然を舞台に、人間が死んでいくことの意味、 最後まで生きぬくことの意味を描く

「私は肺癌なのです。」患者の名前は山中静夫(中村梅雀)。自宅がある静岡の病院からの紹介で、医師である今井(津田寛治) のいる信州の病院にやって来たのだ。紹介されてきた資料によれば、山中は腰の骨と肝臓に転移のある肺癌で、明らかに末期の状態だった。付き添う家族の 負担を考え、今井は山中に今まで通り静岡の病院での治療をすすめるのだが、「どうせ死ぬんだったら生まれ育った信州の山を見ながら楽に死にたいと・・・」 それが余命を宣告された山中の最期の願いだった――

原作は「ダイヤモンドダスト」「阿弥陀堂だより」などで知られ、現役の医師でもある南木佳士(なぎけいし)の「山中静夫氏の尊厳死」。 監督・脚本は『しあわせになろうね』『育子からの手紙』などの村橋明郎。主題歌を自身癌闘病の経験もある小椋佳が書きおろした。限られた 人生をどう生きどう死ぬかを、未来への希望とともに描く感動の映画が完成し、撮影地長野県佐久市での先行上映が決定した。  
2019年9月21日(土) より長野県(佐久アムシネマ)先行上映          2020年 シネスイッチ銀座ほか、全国順次公開予定

<作品詳細>
監督・脚本:村橋明郎 出演:中村梅雀、津田寛治、高畑淳子、田中美里、浅田美代子
原   作      :南木佳士「山中静夫氏の尊厳死」(文春文庫刊)
主題歌     :小椋佳「老いの願い」  

  • 原 作 者 : 南木佳士 (昭和45年卒)    
  • 配給・宣伝: マジックアワー、スーパービジョン

(2019.10.08掲載) 


[大学通りの桜] 平成26年(2014年) 4月1日撮影


[過去のトピックス]


[校歌]

ここをクリック(新バージョン2018年10月版)

 


都立国立高等学校同窓会ホームページ運営委員会  
Copyright (c) 2002-2019 Kunitachi High School Alumni Association. All rights reserved.
Last modified: Thu 05 Dec 23:01 JST 2019