東京都立国立高等学校同窓会

  ここは東京都立国立高等学校同窓会公式webページです。

    母校はこちら  →  東京都立国立高等学校公式webページ    同窓会ツイッター→ http://www.twitter.com/kunikou_obog/
    関西たちばな会→ https://www.kansaitachibana.com/

国高OB展示会等New!!





 

同窓会のwebページ公開
について
 東京都立国立高等学校(旧
都立国立中学校)の同窓生の
親睦を深めるための情報交換
の場とするばかりでなく、母
校の発展を祈って、国高生お
よび国高に関心を持つ方々に
も読んでもらえるページを目
指します。 2002.9.9

 

会員専用ページへのパ
スワードについて
 ユーザーID、パスワードは会
報「たちばな」に同封の振込票
のミミの部分に記載されていま
す。



夏の高校野球

New!! 国高は4回戦で今年の夏を終える!

夏の高校野球 国高は久々に4回戦まで駒を進めましたが、惜しくも突破できませんでした。
ここまでの国高野球部諸君の健闘を讃えるとともに、これからの新チームの活躍を期待いたしましょう。
皆様のご声援有り難うございました。

国高の全日程は下記の通り。

(2018.07.18更新)


新井紀子

同窓生短信

New!! 新井紀子さんが日本エッセイスト・クラブ賞受賞

日本エッセイストクラブが主催する2018年度エッセイストクラブ授賞式が6月25日(月)、
内幸町の日本記者クラブで開かれました。 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』で受賞
した国立情報学研究所教授、 新井紀子さんは受賞スピーチで「女にとって、GDPがどれ
だけ伸びたかは、幸せなことではありません。それよりも愛している人と語り合い、 おいし
い料理を食べること、それに子どもたちが幸せにになることの方がたいせつです」と明快
に語っていました。 ←以上は、日本エッセイストクラブ会員の足立則夫さん(昭和41年卒)からのレポートです。

新井紀子受賞式

(2018.06.27掲載)

岩澤雄司

同窓生短信

New!! 岩沢雄司さんが国際司法裁判所裁判官に

昭和48年(1973年)卒岩沢雄司さんは6月22日(金)、ニューヨークの国連本部において、
小和田恆・国際司法裁判所裁判官の辞職に伴う補欠選挙で、
同裁判所裁判官に選出されました。任期は2021年2月まで。
岩沢さんは、1973年卒(3700組、担任津村正登教諭)で、選出時は東京大学法学部教授(国際法)でした。
日本からの選出は、田中耕太郎氏、小田滋氏、小和田恆氏に続いて4人目です。

(2018.06.25掲載)

著書紹介高島慶次

New!! お遍路で確かめた夫婦の絆
           ー1200キロ、45日間の対話ー
           

 夫婦で四国八十八霊場を遍路しながら一日も休むことなく歩き通すことができました。道中で交わした夫婦の会話、お遍路さんたちとの楽しい語らいと情報交換、地元の方との触れ合いを会話調に纏めました。これらを通じて体験したこと、感じたこと、気づいたことを思いつくままに記しました。歴史的背景を多少なりともご理解いただければと訪れた札所の遍路ゆかりの諸事実を書き添えました。

(19年前、今は亡き妻と四国お遍路を45日間かけて参拝した思い出の対話)

  • 著者   高島慶次(昭和32年卒)
  • 出版社  文芸社

(2018.06.19 掲載)

OB会の案内

New!! 国高山岳部70周年記念OB会の開催

  都立国立高校山岳部OB会は来る10月21日に創部70周年の記念会を開催いたします。
途中活動が途絶えた時期もありましたが、山岳部OBは現在240名で、高校生部員15名を
加えて活動いたしております。
  山という自然の大きな贈り物を通じ親・子・孫のような世代が繋がっていくことができれ
ば、これは無上の喜びです。70周年記念会はそのような交流の場になることを願い開催をい
たします。
          (創部70周年記念会事務局よりのメールから抜粋)

  • 日 時      平成30年10月21日 12時より (11時30分受付開始) 
  • 場 所         アルカディア市ヶ谷(私学会館) 
             〒102-0073  東京都千代田区九段北4−2−25  п@03−3261−9921
  • 交 通     JR中央線、東京メトロ有楽町線・南北線、都営新宿線 市ヶ谷駅より徒歩2分

                        参加募集など詳細は7月を予定しています。

(2018.06.18更新)
 


池内 恵

著書紹介

New!! 【中東大混迷を解く】シーア派とスンニ派

  ますます広がる亀裂。イスラーム2大宗派の対立が全ての根源にあるのか?
イランとサウジのにらみ合い、シリアやイエメンでの内戦やテロの拡大、進まない
イラクの復興など、どの問題の陰にも正統・多数のスンニ派と異端・少数のシーア
派の対立がある――この理解は、物事の半面しか見ていないに等しい。シーア派
への警戒感は、なぜ高まったのか。宗派対立への誤解を意味ある議論に変える
意欲的な試み。


  • 著   者      池内 恵 (平成 4年卒) 
  • 出版社         株式会社 新潮社 
             п@03−3266−5111

 

(2018.06.12更新)


兼坂成一

著書紹介

New!! 人生が変わる家づくり

    一生気持ちよく暮らせるマイホーム

  一生に一度の家づくりで失敗したくない──マイホームを建てようとする人
にとっては当然の願いです。家づくりは、家族の人生にも大きな影響を及ぼす
一大イベントです。だからこそ、多くの人が間取りやデザイン、素材、設備など
にこだわり、少なくとも数カ月を費やして理想の住まいを追求します。しかし、こ
だわり抜いて建てた住まいであっても、完成して暮らしはじめてから後悔する人
が少なくありません。実はその原因の多くは、建て主の家づくりに関する勘違い
から生まれているのです。本書では、家づくりに関するよくある勘違いを指摘し
たうえで、正しい知識として、建築会社の選び方から住宅の性能について、また
長く住み続けるためのポイントまでわかりやすく解説します。家族が快適に、ず
っと住み続けられる理想の住まいづくりのために建て主が知っておくべきことを
凝縮した一冊です。


  • 著   者      兼坂 成一 (平成 元年卒) 
  • 出版社         株式会社 幻冬舎 
             п@03−5411−6222

(2018.06.12更新)


南木佳士

著書紹介

New!! 小屋を燃す

  思い起こされる幼年時代、患者の最期を看取る医療と作家業の両立の無理
からの発病…その日その日を生きのびるために、畔を歩き、四股を踏む。たぶん、
答えはあらかじめからだのなかに用意されていたのだろう。南木物語の終章。信
州の総合病院を定年退職した。同時代の男たちとイワナをつかみ獲り、小屋を造
って集い、語り、そして燃す。生死のあわいをおだやかに見つめる連作短篇集―
医師として生死を誠実に見守りつづけた著者にしか描きえぬ、幽明境を異にした
者たちとの饗宴。 充実の最新作品集。

  • 著   者      南木 佳士 (昭和45年卒) 
  • 出版社         株式会社 文藝春秋 
             п@03−3265−1211

 

(2018.05.22更新)


著書紹介佐瀬邦生

New!! 日本語がんばれ 日本人がんばれ  
      
         メディア(特にテレビ) がんばれ 

SNSなどのネット文化のひろがりで日本語は急激に変化しているが、
テレビなどからの影響か「ら抜き」「れ足す」 「を入れ」などのおかしな
表現も増えている。そこで本書では「本来これはどう言うのだろう?」
「これはあまりよくない表現なのではないか?」 といった素朴な疑問と
その解決案を示し、本来あるべき日本語らしい表現、好ましく心地よい
表現を考えるきっかけとしたい。
ー明治大学教授 野田 稔氏(昭和51年卒)が推薦しておりますー

(2018.05.07更新)


著書紹介大杉 潤

☆☆☆    定年後不安 
      
    〜人生100年時代の生き方〜

  57歳で会社員を辞めた著者が伝える[人生の設計図]の作り方
人生が長くなっても定年後の不安が大きく、 [幸せ]を感じられないという
40代、50代の会社員や主婦の方々が増えています。また、社会人に
なったばかりの若手ビジネスパーソン も元気のない先輩社員を見てい
て、将来に希望を感じられなくなっています。こうした閉塞感に覆われた
日本の企業社会において、 [人生100年時代]の到来をどんな心構えで
迎え、将来に備えて何をしていけばいいのか、という問いに答えるため
に、この本を書きました。 ([おわりに]より)


  • 著   者   小松 直樹(ペンネーム大杉 潤) (昭和52年卒)          
  • 出版社    (株)KADOKAWA 
           п@0570-002-301
                     https://www.kadokawa.co.jp/product/321711000161/

(2018.04.10 掲載)


著書紹介新井紀子

☆☆☆AI vs 教科書が読めない子供たち 
      
    〜人工知能はすでにMARCH合格レベル〜

ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界ーー。しかし、”彼”はMARCHクラスには
楽勝で合格していた!これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手と
するのか? AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、東
ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐る
べき実態が判明する。AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の
教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。では、最悪のシナリオ
を避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井教授
の提言が語られる。

  • 著   者      新井 紀子 (昭和56年卒)          
  • 出版社         (株)東洋経済新報社 
             п@03−5605−7021 (コールセンタ)
                        URL  http://toyokeizai.net/

(2018.03.06 掲載)

 


☆☆☆ 2018年の国高同窓会の大きなイベント予定を紹介します

  • 10月28日(日)秋の懇親会 午後2時から立川グランドホテルで

(2018.04.24 更新)


[大学通りの桜] 平成26年(2014年) 4月1日撮影


[過去のトピックス]


[校歌]

ここをクリック

 


都立国立高等学校同窓会ホームページ運営委員会  
Copyright (c) 2002-2018 Kunitachi High School Alumni Association. All rights reserved.
Last modified: Wed 18 Jul 2:40 JST 2018